30代以上の熟年恋愛、婚活では、20代の時の恋愛では悩まなかったような出来事がでてきます。

より現実的で今後の生活に関わってくることなので、慎重に考えて、感情だけで結婚を急がないほうがいいでしょう。

熟年婚活だからこそ出会う壁があるので、そういう壁にぶつかった時に動揺せず、冷静に考えられるように準備しておいたほうがいいでしょう。どんな壁に出会うことがあるのかについてご紹介します。

相手に離婚歴があったりシングルファーザーの場合

熟年婚活では相手の男性も熟年男性になってきます。

当然、20代の頃にはいろんな体験をしているでしょう。

既に結婚を経験している男性ももちろんいます。つまり、離婚経験者やシングルファーザーの男性も多いのです。

離婚経験がある男性の場合、離婚原因をきちんと知っておくことが大事です。

相手が自分から話すこともあるでしょう。その場合、相手女性だけを責めるようなら、注意が必要です。

離婚は100%相手が悪いということはあまりないのではないでしょうか。たとえ相手の浮気が原因だったとしても、そうさせる要因が男性側にもあったかもしれません。

また、相手女性がいない状態では自分で勝手に話を作ることもできます。話半分に聞いておいて、信頼できる相手かどうかは自分自信でゆっくりと判断していくしかありません。

他には相手男性が付き合っていたり結婚していたりした女性と死別しているということもあるでしょう。その場合、相手の男性が死別した女性に心を残している可能性がとても高いです。

相手のことを憎んで別れたり離婚したのなら問題ないでしょうが、既に存在しない女性に心を奪われている男性を伴侶とするかどうかは慎重に考えたほうがいいでしょう。

また、シングルファーザーの場合も慎重に考えましょう。

子供がいても女性側が引き取って育てている場合でも、養育費などの問題があります。生活費に関係してくるのできちんと話し合う必要があるでしょう。

シングルファーザーの場合は一緒に子供を育てていくことになるのですから、血のつながらない子供をしっかりと育てていけるのかを冷静に考えてみなくてはいけません。

子育ては想像以上に大変なこともいっぱいあるでしょう。きちんと親として責任をもって育てていけるかどうか、考えてみなくてはいけません。

また、自分が妊娠した場合、自分の子供と相手の子供を分け隔てなく育てる器が自分にあるか、冷静に考えましょう。

少しでも不安があったり自信がない場合、わざわざ難しい相手を選ぶことはないでしょう。結婚歴がない相手を選ぶことは悪いことではありません。

また、自らが離婚歴があったり、シングルマザーの場合は、同じ境遇の相手のほうが理解しあえたり、苦労をわかちあえることもあるでしょうから、自分の状況によっても変わってきます。

相手の両親と同居する可能性

熟年男性で一人暮らしをしてなく、実家住まいの場合は少し考えたほうがいいでしょう。家のことを母親まかせにしていて、家事をなにもできない可能性があります。

また、長男の場合、結婚後は実家で両親と同居、ということになるかもしれません。相手男性の両親との同居は女性にとってとても負担になるでしょう。

きれいごとではなく、自分の負担が増すような結婚は避けたほうがいいでしょう。それでも別にいいという女性ならいいですが。同居は絶対嫌という女性のほうが多いはずです。

その場合、いい年をした熟年男性が実家暮らしの場合は注意したほうがいいでしょう。

また、両親と将来同居する可能性があるのかどうかもきちんと確認しておきましょう。そして、同居が嫌な場合は、同居したくないということをはっきり伝えておいたほうがいいでしょう。

そこでケンカになるぐらいならば、結婚前に意見の相違がわかったことを喜ぶべきです。相手の両親との同居は介護にもつながっていくかもしれないので、きちんと考えるべきことです。

相手の家族仲を調べる

熟年婚活では相手の家族についてもきちんと調べておいたほうがいいでしょう。

家族仲がいい場合、お互いにどのぐらい干渉しあっているのかも大事です。常識的な距離を保っているのか、それともベッタリな関係なのか。あまりに密接過ぎる家族仲では結婚後に相手の家族で気苦労するかもしれません。

姑だけでなく、兄弟、姉妹との関係や人柄も大事です。常識的ではないな、と感じるような人が相手の身内にいれば注意したほうがいいでしょう。

親戚になってしまうと、他人のようにシャットダウンすることは難しいです。ですから、相手男性だけなく、相手の家族の人柄や常識度をきちんと調べておいたほうがいいでしょう。

まとめ

熟年婚活の場合、自分のライフスタイルはもうできあがっている状態です。そこから他人と暮らしはじめ、新しい親戚ができるわけですから、環境はがらりと変わる可能性があります。

ライフスタイルの変化はあまりないほうが理想的です。

恋愛だけなら相手男性だけのことだけ考えて選べばいいですが、婚活となれば相手の家族、また離婚歴があればなぜ結婚生活がうまくいかなかったかなど、慎重に考えたほうがいいでしょう。

失敗だった、という思いを結婚後に抱かないために、結婚を急がず、結婚後の生活が理想に近くなるかどうかをきちんと確認していきましょう。

人気記事:熟年婚活する時に注意したい事