熟女になりムラムラがおさまらない。初めての出会い系サイトを利用した私の体験談。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

二十歳のころは仕事がいそがしくて結婚はまだ先と思っていましたが、三十路に入って初めて焦り始めました。

もう3年も体の交わりなく悶々としていますが、誰でもいいということではなくて、好きな人としかセックスできません。

無料で出会い系に登録してしまってこんな熟女なのでなりふり構っていられません。

じっさい出会い系サイトなので多くはいやらしい男性ばかりで、そうした男性募集を避けてまじめな男性募集に返事を出しました。

40歳の男性で、ショッピングや映画など普通のデートから始めました。

夕方から食事してお洒落なバーに行きました。

彼は私を好きと言ってくれてほろ酔いに任せ「結婚前提の付き合いしてくれる?」と聞いてみれば、曖昧な返事。

後から考えればおかしく思うべきでしたが、その時私は舞い上がって婚活熟女と別れられると思い込んでいたのです。

結婚前提に交際してもらえると信じていて、彼の誘い乗ってホテルに行きいました。

部屋に入って下着をぬぐと濡れていました。

久しぶりの男性の前での裸はとても恥ずかしくてタオルで体を隠してましたが、愛撫途中彼の大きくたったものを見られた瞬間、早くむしゃぶりつきたいといった思いがわいてきたのです。

それがきっかけで恥ずかしさが薄れました。

すぐにでもむしゃぶりつきたかったですが、はしたないことはできません。

なめてといったこと言葉私の隠れた欲望が出てきて舌先でなめていき、ほおばってみれば男性の味が口中に広がりました。

二人はあっという間にその後果ててしまって、激しいセックス。

でも彼は満足してなくて、再び体を求めてきます。

汗ばんだ体を彼の舌がはい回っていて、気持ちよさでまどろんでいます。

そして、意識はもうろうとしてまた二人ではてました。意識が遠のいて私は寝てしまいました。そして、目が覚めてから驚きました。彼の姿が見えません。

さらにシーツにはたくさん精液がついていて、割れ目から精液が流れた形跡もあって、これはやり逃げされたとおもいました。

[s_ad]

おススメの婚活サイトはこちら

恋愛ブログ村へ

応援プッシュお願いします★
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA