熟年婚活サイトに登録して婚活に成功し、見事結婚までする事が出来ました。

カップリングから結婚までは1年程で、思った以上に時間がかからなかったので、自分の中でも安心しています。

今回は、その熟年結婚についての良かった点や悪かった点を、体験談を交えながら詳しく紹介して行きたいと思います。今後熟年結婚を考えている人の参考になれば幸いです。

熟年結婚に至った経緯

30代も後半に差し掛かろうとしていた時に、彼女すら存在せず、結婚をするという土俵にすら立てていない状況でした。その状況を打破するためにも、熟年婚活を行う事が出来るサイトに登録して、真剣に婚活を行う事にしたのです。

熟年婚活サイトでは様々なイベントに参加する事ができましたが、その中で素敵な女性に巡り会う事ができました。しかし、どの女性も結婚を考えているという訳ではなく、友人が欲しいという目的で婚活サイトに登録している人が殆どでした。

とは言え、その中でも結婚を考えている人と仲良くなって、結婚をすれば良いと思っていました。

ある日、私の元に一通のメッセージが届いてきて、趣味趣向の合う人からの連絡でした。

どうやら私とデートをしたいという女性で、私としても非常に条件がマッチしている女性だったので、十分過ぎていました。

何度かデートを重ねて行く中で、女性の事が好きになってしまい、私の方から告白してカップリングしました。

そこから、一年の関係が続き見事ゴールインする事ができて、今では夫婦として仲良くやっています。

熟年結婚して良かったと思っている点

熟年結婚をして良かったと思っている点は非常に多く存在します。

まずは、考え方が非常に落ち着いているという事でしょう。若い人に比べると、何事も冷静に考えてくれるというのは非常に助かります。

これは人によって変わってくると思いますが、熟年結婚という事は30代以上の人と婚活をする事になるので、ある程度落ち着いている人が多いです。その他には、家庭的で献身的な人が多いという印象です。

今の妻と比べるのも悪く思いますが、熟年婚活サイトで出会った女性のほとんどが、料理が趣味という人が多く、嫁にするにはもってこいな人が多かった印象です。

花嫁修業をある程度終えている人が多いので、結婚して自分自身を支えてほしいと思っている人にとっては、熟年結婚はかなり適していると思います。

熟年結婚をした結果、若い人と付き合っていた時の頃を思い出すと、まだ自分が未熟だった事が分かります。

今の妻は、40歳にさしかかろうとしている年齢で、私の3つ年上の女性です。3つ年が違うだけでも私よりも寸分大人っぽいというのが分かります。

落ち着いた女性と付き合って行く中で、大人っぽさを重要視していた私にとっては熟年結婚はかなり適していると言えるでしょう。

熟年結婚が悪いと思う点

熟年結婚をして悪いと思う事は、基本的にはありませんが、強いて言うなら、子供の事を考えると言う事です。

熟年で妊活をするとなると、少し厳しくなってきます。というのも、女性によっては、子供が作りにくい体になってしまっていると言う事もありますし、何よりも着床までが大変だからです。人によって変わってくるとは思いますが、若年の人と妊活をするよりも確率はかなり下がってきます。

また、仮に出来たとしても、40歳で出産したら、子供が20歳の時はもう60歳ですから、祖父祖母の年齢になっているのです。場合によっては、孫の顔を見れないと言う事もあるので、若年結婚の悪い点と言えるでしょう。

その他には、世間体が気になってしまうと言う事です。やはり、熟年結婚となると、どこか第三者からの目線が気になってしまう部分があります。

お互いの両親もそうですが、友人や同僚からしても婚活サイトに登録して結婚したと言う事実は、揺るがない物なので、気にしてしまいます。

とは言え、お互いの問題であり、自分達で決めた事なのでそこまで気にする必要はありませんでした。

熟年結婚をして良かった?悪かった?

熟年結婚をして思った事は、自分には大人っぽい女性の方が適していると言う事です。

自分は年齢の割には、どこか子供っぽい部分が完全に抜けていないため、付き合うには大人の女性が適していました。

今の妻は、年齢はさほど変わりませんが、非常に大人っぽく見える部分があります。これは、若年の人と結婚したら感じられなかった点だと思っています。

当然若年結婚でもメリットはあると思いますが、それ以上に私の中では熟年結婚の方が良いと思います。

今後熟年結婚を考えている人にアドバイスをするなら、自分自身がどういう女性と結婚したいかを考えると良いでしょう。

私の場合は、自分の立場を考えて大人っぽい人がいいと思っていましたが、冷静になって考える事です。

それに伴うデメリットもあるので、デメリットを考慮しつつ自分は熟年結婚で良いのかを考えると、答えが見つかるでしょう。

女性のための記事:熟年婚活するなら料理という武器を身につけましょう