熟年の女性というと、どのようなイメージをお持ちになるでしょうか。

年齢的には40代から60代くらいで、言い方はよろしくないですが、いわゆるおばさんと感じてしまう方も多いでしょう。

実際に皆さんが子供の頃や20代くらいの時は、40才を越えた女性は確実にご年配という見方をしていて距離を感じ、女性として見ないと思っているいた方もいると感じております。

しかし実際に40才を越えた熟年女性というのはどのような存在なのか。

実は一番女性であると言うことも言えるのです。

では若い頃には考えなかった、本当の熟女の気持ちと実態をあげていきたいと思います。

【1、時間にも気持ちにも余裕がある】

40才を越えた女性となると、だんだんと子供に手がかからなくなってくる年齢となってきます。

結婚して生まれた子供が親から離れて県外に出たり、就職したりとなれば、母親としては子供に時間はを費やすことがなくなるので自由な時間が生まれます。

もちろん仕事をしている方も今では多いと思いますが、これまでの社会経験や人生経験もあって、プレッシャーは若い頃に比べれば軽いものとなっているでしょう。

仕事をこなすことに慣れていますので、緊張することが少ないと感じられます。

若い頃も結婚するまでは時間はあると思いますが、社会的には経験も少なく、仕事に打ち込まなければいけないという意識もあって、気持ちの余裕はまだ小さいと言えるでしょう。

ということもあり、熟年女性は時間もあって、心にも余裕があるのです。

【2、それでも女性である】

熟年の女性と言っても女性であることには変わりません。

やはり年を重ねても自分は女性なんだという気持ちはあるのです。決してその部分が無くなったということではないのです。

女性は結婚をして子供が生まれると母親となります。

そうなると女性の気持ちは子供へ向いてしまい、子供を育てるという生活に変わっていきます。

今では共働きの家庭が増えていますので、外で働きながら子育てをする生活スタイルとなるでしょう。

その間も決して女性ということを忘れているわけではありません。

ただ時間を子供と仕事にとられているだけのことなのです。
そして夫との夜の営みも減ってきます。

だんだんと年齢を重ねることにより、夫も女性自身も普段の仕事に疲労感を感じて、夜の営みをせずに寝てしまうことも多くなるでしょう。

そして何年も同じ家に過ごしている夫が妻を女性として意識しなるという家庭も増えてくるタイミングと言えるでしょう。

そのような理由により、女性であることを無くしたわけでなくて、女性としての気持ちを出すシチュエーションが無いのですね。

【3、ストレスから刺激がほしくなる】

ある程度の子育てに一段落ついたと言っても仕事は続けているでしょう。

ともなれば会社の上司や同僚の絡みもあってストレスをためている人も少なくないと思います。

女性が社会進出する時代になって何年も経っておりますが、それは逆にいうと女性も男性と同じくらいのストレスを感じていると言えます。

しかしそんなときでも、長年付き合っている夫は若いときのように話を聞くわけでもなく、しょうがないだろうとあしらってくるでしょう。

そんな長い間一緒にいる夫にもストレスを感じてしまいます。

例え初めは愛し合って結婚した相手と言っても、何年も同じ家に一緒にいるのであればストレスにもなります。元は他人であったわけで。

このように仕事でも家でもストレスを抱えている熟年女性は、どこかでストレスの発散をしたいと思ったり、なにか新しい刺激を求めているということもあるのです。

【4、そして出会いが欲しくなる】

これまでいくつかあげてきた熟年の女性の実態や気持ちなどをあげてきましたが、これらをまとめると実は熟年の女性は出会いを求めていると言う結果が出てきます。

時間もあって気持ち的にも余裕があり、そしてストレスを発散したい。

しかし近くにいる夫は相手にしてくれない。

となれば、女性としては他の男性を見つけて欲を放出したいのです。

先にも言ったように、熟年の女性といっても女性なのです。

女性として見られて女性として扱ってほしいのです。若い頃のように大事にされたいのです。

しかも女性は男性と違い、年を重ねるごとに性欲が増してきます。

40才代はかなり性を求めているといっても過言ではありません。

実際に熟年同士の出会いのパーティーなども世間では開かれるくらいなので、そのような女性も多くいるということが現実でしょう。

【最後に】

このように女性は熟年と言われる年齢になっても、というより熟年だからこそ男性を求めるということが理解できます。

女性として本当の意味で輝くことができるタイミングと言えるでしょう。

すなわちそれが最初に申し上げました、実は一番の女性ということなのです。

男性からの視点では、女性のピークは若いときであり、それは肌の張りやキレイさを求めているものですが、女性からすると熟年となった40才代からが本当の女性の魅力に溢れているのだと感じていただきたいと思うのでしょう。

人気記事:熟女とのセックスする時の注意点!