熟年婚活では若い頃とは異なるデートの感覚が必要です。

自分だけでなくお相手も、それなりに年齢を重ねています。10代や20代の頃と同じデートでは感動してもらうことはできないからです。

では熟年婚活ではどのようなデートが喜ばれるのでしょうか。

今回は熟年婚活で女性が感動するデートプランの3つのポイントを厳選して紹介します。

ポイント1.プレゼントは花束を贈ろう

花束を貰って嬉しくない女性はいません。これは男性には理解が難しい感覚かもしれませんが、花束はプレゼントの鉄板です。

特に熟年恋愛から交際を始めるタイミングやお相手の誕生日など、大切な日は狙い目です。花束はいつ貰っても嬉しいものですが、やはり何かの理由があって渡された方位が喜びは大きくなります。

花束を送る際はタイミングも重要です。お相手の女性が喜びそうなタイミングを狙って渡しましょう。

では花束をプレゼントする際には、どのようなことに注意すべきなのでしょうか。

それは花の種類です。花束をプレゼントする際は、花の選び方に注意しましょう。

例えば愛の告白をする時であれば、バラがぴったりです。バラには「愛情」の意味が込められているからです。

しかし知り合って1週間後にいきなりバラの花束をプレゼントされたら、重たいですよね。

知り合って日が浅いうちは、明るい色の花や小さな花など、軽く受け取れるものを選ぶ、というのも大切な配慮です。

熟年デートの最後にちょっとした演出で花束を渡すことを想像してみてください。お相手の女性の喜ぶ顔を目に浮かびますよね。

デートプランを感動的にするためには、こういったプレゼントなどを活用したちょっとしたデート中の演出が大切です。

ポイント2.ドライブ中の音楽を思い出の曲をかけよう

熟年恋愛をするなら、車は必須のデートアイテムです。車を所有していない場合でも、レンタカーなどでデートに用いることを検討しましょう。

その理由は、車の中であれば、二人きりの時間をゆっくりと過ごせるからです。

目的地はそこまで遠くにする必要もありません。浜辺のおしゃれなカフェや、山の中の喫茶店など、1時間程度で行けるところで充分です。

車で目的地に向かえば、車の運転中も楽しいデートの時間となります。

しかし人によってはドライブ中のトークに自信がない場合もありますよね。そういった場合は、ドライブ中の音楽を大切にしましょう。

自分達の青春時代に流行した音楽をかけてみてください。すると懐かしい気持ちになって学生時代の話や。社会人に成り立ての頃の話が盛り上がります。

女性は男性以上に、会話によって喜びを感じます。感動的なデートプランを作りたいなら、ドライブ中に関わらず、音楽を上手に使うことは欠かせません。

ポイント3.デートコースは彼女との会話からリサーチしよう

感動的なデートプランを考える際に最も大切なことがあります。それは雑誌や本の情報を参考にし過ぎないことです。

雑誌や本に掲載されているのは、一般的な女性が喜ぶ場所やデートプランです。パーティで知り合った熟年恋愛しているお相手が、その一般的な女性に当てはまるかどうかは分かりません。

デートコースを決める際に最も重要なのは、雑誌や本などの外部の情報ではないのです。ではデートコースを決める際に重要になる情報とは何なのでしょうか。

それはお相手の女性の興味です。

パーティ中でもいつでも構いません。気になる女性を見つけたら、その女性が何に興味があるのか、どんなところに行きたいと考えているのかをリサーチしましょう。

それはあからさまに「デートはどこに行きたい?」聞かなくても、趣味の話や、今気になるものなど、そういった話題からも知ることができます。

パーティに参加すれば複数の女性と会話することになりますよね。そういった会話の際にチェックしておいてもいいでしょう。熟年恋愛に発展して、二人で食事をするようになってからリサーチしてもいいかもしれません。

デートコースを決める際は、雑誌や本の情報よりも彼女自身の興味の方が大切になることを意識しておきましょう。

―まとめ

ここまで熟年婚活で感度するデートプランを演出する3つのポイントについて紹介しましたが、いかがでしたか?

熟年婚活から熟年結婚に至るには、二人の間に信頼関係を築くことが欠かせません。その信頼関係を築くためには、デートで感動を共有することが大切です。

熟年結婚した時に、熟年恋愛していた時期の思い出が無ければ、ワクワクは半減してしまいます。

しかしお相手の女性から、この人と熟年結婚すれば、どれだけ楽しい日々になるのだろうか、と期待してもらえたらいかがでしょうか。実際結婚生活が始まった後でも、デ―トの時間を大切にできそうですよね。

デートプランを演出するポイントの本質は相手への気配りです。相手が喜ぶ顔を想像して考えることができれば、デートは感動を伴ったものとなります。

これから熟年婚活でデートが控えている場合は、まずはお相手の女性の関心を探ることから始めてみてはいかがでしょうか。

人気記事:結婚したくない女性の特徴とは?