熟年での婚活は紹介から。36歳でシングルマザーと結婚しました。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

35歳まで独身だった男です。

私の婚活は主に親戚からの紹介だったのですが、そのエピソードを紹介いたします。もし参考になればと考えています。

私の人生を振り返っても熟年婚活には根気が大事だなと思っています。

最初の結婚チャンスを逃す

私は両親の元を離れて都会で就職して暮らしていました。ちなみに、長男です。

20代後半で彼女が出来ました。夜のお店で働いていた女性でした。どちらかというと華やかな雰囲気があり、話し上手な女性でした。

付き合いも盛り上がり、実家の両親に紹介しました。父親の受けはとてもよく、お酒を飲みながら話題も弾みました。しかし、母親はあまり賛成してくれず、渋い表情でした。

その後、1年ほど付き合ったのですが、結婚の具体的な話をお互いに進めることができず、結局別れてしまいました。おそらく彼女は他に誰か気になる人が現れたのだろうと思います。

30代を迎え、婚活が始まる

その後、仕事も忙しくなり、職場も変わったりと変化がありました。

盆と正月に実家へ行くと、周りの親戚が結婚について聞いてくるようになりました。

翌年になると、なんと3歳年下の弟が結婚しました。間もなく家を買ったりして、あっという間に身を固めたのでした。

私の周りはますます結婚について騒がしくなってきました。私自身も、身近な兄弟が結婚したことで、いよいよ婚活に本気になったと思います。

職場の近くに親戚が住んでいました。その親戚の方が地元に色々なネットワークを持っていて、いわゆるお見合い、女性を紹介してくれることになったのです。

最初のお見合い

最初のお見合いは、親戚からの紹介でした。29歳の女性です。しっかりした印象の女性でした。

私の事を気に入ってくれたのか、彼女からの主導で3回ほど会いました。

親戚の方からは、この話進めてみてはと言われました。しかし、私にはすこしばかり引っかかることがありました。

彼女から、大事な話として、ある宗教の信者であることを聞いていました。それは彼女にとって大切なものなので、もちろん尊重します。私には一緒に入信してほしいとは言わないから、と念押ししてくれました。

でも、子供が出来たら、どうなんだろうと思っていました。彼女にとっては、家族みんなで行動したいのではないかと想像してしまいました。

何だか、彼女といても堅い話が多く、くだけた会話にならないこともありました。

こうして、紹介された貴重な出会いでしたが、積極的な気持ちになれず、2か月ほどでお断りしてしまいました。

2度目のお見合い

2度目のお見合いもありました。33歳の女性でした。

会った時に、見た目は落ち着いて見えましたが、とても静かな印象の人でした。声が小さくて、静かなしゃべり方をします。見た目は大人なのに、幼いような印象です。

話が全く盛り上がりませんでした。次に会っても、話がうまく運ばず、自分の気も進まないものだと思いました。

職場での出会い

こうして34歳まで出会いも少なく過ごしていました。

そんなある新年度、職場に一人の女性が採用されてきました。38歳の女性です。長い髪が女性らしい印象の方で、のちに妻になったのが彼女です。

小学生2人を抱えているシングルマザーでした。

毎日職場で顔を合わせているうちに、冗談を言い合えるような関係にすぐに打ち解けました。すっかり大人な印象の彼女の人柄に惹かれてしまいました。

私が彼女のために役に立つことが沢山あります、そばにいて支えてやりたいと感じました。こうして、彼女との結婚を決めました。

両親との約束

彼女を最初に実家に連れて行って両親に紹介する時、2人の子供も一緒に連れて行きました。

もしまた反対されても、自分の気持ちは変わりませんが、両親に分かってほしいと思い、そのような行動になりました。

もちろん、事前に話はしました。それまで見合いでお世話になっていた親戚の方にも間に入って話を繋いでもらいました。

両親は、私の決断に心配もあったようですが、受け入れてくれました。

でも一つだけと、両親から言われました。それは、子供をもうけることでした

両親の本音は、血のつながった子供を育てて、結婚生活をおくって欲しい、それが願いであるということでした。

わが子の誕生

それから日が流れ、妻が40歳、私が37歳の時に子供が生まれました。

生まれてみたら、そのかわいらしさに、自分の気持ちに驚きました。自分にそっくりの子供、わが子を持った喜びは言いようの無いものでした。

高齢出産した妻にも感謝しました。

今では夫婦と3人の子供でとても賑やかな日常です。

まとめ

婚活しても、すぐには結果が出なかったことを書いてきました。

条件も大切ですが、相性もとても大切です。

私の場合は、こうして振り返ってみると、会話してみたりの相性が結局一番重要だったのかと思います。

今でも妻は良い話し相手、相談相手です。一番下の子が生まれたおかげで、兄弟同士の仲も良いと思います。

彼女にはあった時から生活することがイメージ出来たような記憶があります。

やはり、すでに母親の面があったので当然なのでしょうが、家庭的な人で良かったです。

[s_ad]

おススメの婚活サイトはこちら

恋愛ブログ村へ

応援プッシュお願いします★
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA