30代での熟年再婚!

バツイチの30代の私が熟年再婚に向けて頑張ってきた記録です。

自分では年下がいいと思ってました

高校生のときに、バスケ部の後輩の男子から告白されて付き合ったんですが、私は女子バスでキャプテンをしていたりとなにかと頼られる存在だったので、周りからも後輩との交際はお似合いだとか言われていて、彼氏も小柄でかわいいなと思えるタイプだったので卒業するまで仲良くやってこれていました。

大学生になるとなかなか高校生との交際は続けられなくなって別れてしまいましたが、そのあと3年ほどしてできた彼氏はまた2歳年下でした。

大学生同士だと気も合うし、年下の彼氏とでもまた仲良くできて、友達から、また年下だね!やっぱりね!と言われていました。

25歳のときに2歳年下の男性と食事会で出会って一年で結婚しました。

彼の方も年上の女性が自分には合う、居心地がいいから結婚しようとぷろぽーずをされて、私もやっぱり私は年下のほうが相性がいいんだと確信して、友達より一足早く、しかも年下の旦那と結婚するという、仲間内ではおぉーっ!と言われるようなことをしてしまいました。

旦那は年上が好み、ではなく。

しばらくは新婚生活が楽しくて幸せでこの先彼の子供を産んで、などと思えていたんですが、一年経ったときに、彼はなんと、仕事で出会った女性と浮気をしていました。

結婚して私は当時住んでいた、仕事も辞めて京都からから彼の職場の近く、三田に引っ越しをしました。それなのに、彼は、仕事でよく行く大阪で彼女を作って、終電が亡くなったからカプセルホテルに泊まると外泊をしてまで彼女と過ごしていたんです。

三田は神戸に近いのに線が違うので、たしかに不便ですが、帰ってこれない距離ではけしてありません。度重なる外泊に不信を感じて正解でした。

一度は許しました。でもその彼女は22歳、私より年下だったことで、結構ショックを受けたんです。

そして、その2年後、また彼は浮気をしました。しかも今度も22歳。

アラサーの私には正直もう限界でした。

結局彼は年上の女性がどうのこうのというのはでまかせだったんです。浮気は毎回年下。じゃあもう年下とご自由に。

と30歳を目前で私たちは離婚しました。

トラウマで年下は無理になりました

離婚後、しばらくして、友達から紹介したい人がいると言われたのですが、3歳年下だというだけで、無理だという気持ちが強くって、相手の彼は気にしないと言ってくれていたのにも関わらず、交際を断ってしまいました。

その後も私語との付き合いで飲みに行ったときに、好意を持った男性がいましたが、一歳年下。もう完全に、年下ということを意識するだけで、恋愛の対象から外れてしまうんです。

また浮気される、どうせ年下がいいとあとから言われるんだというのは、結構な恐怖になりました。

逆の発想

友達から、もう年上の集まる場所に行ってみたらどう?と言われて、確かに、自分は年上の人とは勝手に合わないと思っていて、若いときには出会いもスルーしてきたように思えます。

36歳のときに、熟年婚活で、オーバー40歳の男性限定のパーティーに参加しました。そこで出会う人は全員私より最低4歳は年上です。

あえての行動でしたが、意外と話しやすい人たちばかりで、リラックスしてたくさんの人と会話ができました。

アラフォーの女性のなかではまだ若い方で、中には50代の女性もいました。

男性が限定されているだけなので、女性の中には年下の旦那と男性を探しに来ている人も多かったんです。

私はちょっと勇気が出てきました。まだまだ私にだって再婚のチャンスはあるじゃないか!とやる気もでてきました。

確かに年下の旦那とは浮気されてうまくいきませんでしたが、だからってそれだけが男ではありません。

ここにいる人たちは皆真剣で、年齢関係なく相手との出会いを求めている人もたくさんいます。だから私も、年がどうのこうの言わずに頑張ろうと思いました。

バツイチ同士

何回かパーティーに参加して、私はバツイチ限定のパーティーで、ある男性と出会いました。

42歳、10年前に二年間の結婚生活を終わらせていて、理由は奥さんの浮気でした。

バツイチだと理由に注目してしまいますが、私と同じ、相手の結婚早々の離婚だということで共通点があり、話やすかったんです。過ぎたことなので、相手のことをもう悪くは言いたくないという姿勢にも好感をもちました。

私はまだまだ元旦那への恨みはありますが、彼と話をしていて少し考え方を変えることもできました。自分のマイナスな感情を変化させてくれる相手ってとても大事ですよね。

年上ですが関係ありません

彼をいいなと思えたのは、今までみたいに、年がどうのこうの、ではありませんでした。

もう私は相手の年齢で振り回されたりはしません。

まだまだどうなるかはわかりませんが、ちゃんと人間同士で向き合っていければいいなと思っています。

人気記事:離婚歴は不利じゃないよ!という話。