熟年婚活頑張っています。

現在、35歳、これまで無謀な年の差の恋愛ばっかりして婚期を逃してきました。そんな私の恋愛体験談です。私の恋愛は結婚に結びつかないものばっかりでした。それは付き合い始めたときからうすうすはわかっていたんです。でも、人を一度好きになると、わかってはいるけど止められないことってたくさんありませんか。私は毎回毎回、一応は、好きになっちゃだめだ、好きになったら後悔する、と自分で自分に言い聞かせるんです。でも、やっぱり会うと止められない、それの繰り返しでした。

年の差15歳、結婚なんてありえない

初めて本気で愛した人は15歳年上でした。

私はまだ22歳、37歳の彼はバツイチで、ものすごく大人の男性、きっと結婚しないと決めているからこその余裕と自信で私と付き合っていたんだと思います。

私も彼に結婚を求めたりする年齢でもなかったんですが、それでも5年も付き合ってしまううちに、どんどん彼の子どもが欲しい、彼と一緒に老後は田舎暮らしなんかいいんじゃないかなどと夢見るようになりました。

ずっと東京に住んでいて、ときどき彼と行く田舎の風景に、未来の自分たちはこういうところで過ごしていそうなどと思い始めていたんです。

でも彼はやっぱりもう二度と結婚する気がないみたいで、私が28歳になる前に、もし結婚を考えているならお互いのために別の相手を探そうと別れを告げられました。

どこかでほっとしたんです。これで次に進めるというのもありました。今度は結婚したい人と付き合えばいいんだと思いました。

年下すぎる彼氏・・

21歳、7歳も年下の大学生を好きになったきっかけは、弟の結婚式でした。

私の弟は高校生の時からずっと同じ彼女と付き合っていて、そのまま弟が26歳の時に結婚をしたんです。

私は弟も大好きですが、弟の彼女もずっと知っていて、本当にかわいらしい女性なので、ずっと結婚したらいいのになと思っていたので、ものすごくうれしかったんです。

式当日も目が真っ赤にいなるほど泣いてしまい、泣きすぎて気分が悪くなり、通路でしゃがみこんでしまった時に助けてくれたのが彼でした。

彼はそのホテルでバンケットスタッフのバイトをしており、たまたま通りかかって私を見つけて、さりげなく場所を移動させてくれて、飲み物まで持ってきてくれました。バイトの子ができる様な対応ではないくらいスマートで、その神対応に私がひとめぼれしてしまいました。

具合もすぐに良くなり、何ごともなかったかのように、宴に戻れたのも彼のおかげで、バタバタと忙しくしている彼を帰りに見かけたときにもう一度わざわざ呼び止めて、お礼を言い、彼はなんと、「ここのレストランとかけもちでバイトをしているので、もしよかったら、1階のレストランに食べに来てください」と言ってくれたんです。

私は本当に友達と食べに行って、彼と連絡先を交換して、しばらくして付き合うようになりました。

彼からは、すごく好きだけど、もし結婚を考えているとしたら、ごめんそれは無理だから、」とちゃんと言われたのに、私は突き進みました。

でも私が好きになった彼氏は今度は大学生でした。彼は精神年齢がとても大人だったので、年の差を感じてしまうような付き合いではなく、本当に楽しくて幸せで、彼が年の差を感じずに楽しんでくれていたらいいな、いつもどこかで私との恋愛を心から楽しめていないのではと不安になりながらも、彼と別れられずにいたんです。

こんなに年の差で悩んだとこはありませんでした。

弟のように、同級生と結婚するのが一番幸せなのかも、と2人を見ていると心からうらやましかったんです。

新しい関係を築くための別れ

30歳の誕生日のお祝いをしてくれた時、素敵なスカーフをプレゼントしてくれて、おいしい食事を堪能して、散歩をしていると、真剣な顔をした彼が、前にも聞いたけどさ、ともう一度「結婚とかは考えないの?」と聞かれて、「本当にそういうのは気にしてくれなくていい、でももし重くて耐えられないなら、別れてもいいと思っている」と伝えると、「残酷だけど、今日言わせてもらうね」、と、「やっぱり30歳の女性に不自然な恋愛をさせていることが辛い」と言われてしまいました。

そして、「好きになってごめん、」と言われてしまい、もう別れてあげようと思いました。

ものすごくつらかったです。

彼とはその後もSNSでは繋がっています。恋愛関係では成り立たなかったけど、彼とは友達になれると思えました。

それは彼も同じだったみたいで、これもやっぱり、同世代の恋愛とは違った形の終わり方なのかもしれないと、いい経験をできたと前向きに考えています。

まとめ

今、私は住み慣れた東京を離れて、福岡にいます。会社で支店移動の希望出したんです。

昔あこがれたすごい田舎ではありませんが、心機一転、新しい土地で30代からの熟年婚活を始めてみるものいいかなと思ったんです。

福岡の人は温かく迎えてくれています。何かしら出会いはあるように思えています。

この記事も人気!:熟年婚活で一泊二日!温泉ツアー!