熟年離婚に対する世の中の認知度の移り変わり

熟年離婚の言葉が世間に浸透して、はっきりと認められたのは、2000年に入ってからの事です。

2005年を迎えてからは、熟年離婚を題材として制作されたTVドラマが大ヒットしたので、全国各地へと大きく知れ渡って行きました。

一緒に暮らしている事に深いストレスを感じていても、今までだとどうしても伝える事が出来ませんでした。別れたくても上手く告げる事が困難であった事から、離婚するまでには至りませんでした。

しかしこの後熟年離婚の言葉が日本中に広まって行きました。その為共感した男女が別れ話を積極的にやって行き、熟年離婚を行う事が現在では普通の事になって来てます。

 

熟年離婚を切り出される男性や女性の特徴に関して

妻のケースでは?

・自宅の家事をやろうとしない

外に出て仕事をやらない専業主婦に最も多い原因ですが、毎日の炊事、洗濯、清掃を行わない、だらしない妻を見ていると段々と腹が立って来てしまい、夫側は完全に嫌気が差してしまいます

幾ら専業主婦の立場であっても、家事を日頃からしっかり熟していない事には、夫に対して何のメリットもなく、デメリットしか生まれて来ません。

なのでこの状態が続き、激怒した夫は確実に別れる事を決意します。

愛する気持ちを持っていればと思う人もいるでしょうが、何十年も共に生活しているパートナーの間へと、愛情が感じられるのは、残念ながら一部の家庭に限っての話です。

288組の夫婦に対して、2006年~2010年に実施された調査結果によると、第1子を妊娠している状況下では『配偶者と暮らしていると、愛をはっきりと認識する事が出来る』と言う妻や夫が7割以上でした。

但し赤ちゃんを生んだ以降では、妻は5割以下に減少してしまい、夫に至っても6割程度に減ってしまいました。

 

夫のケースでは?

・妻を常日頃から馬鹿にして来た

自らの妻の事を見下し、日々馬鹿にしている夫とは、『俺がお金を稼いでいる事で家庭を上手く築けていて、妻には俺なしでは生活する事なんて不可能なんだ』と思い込んでいる場合が殆どです。

妻側からすると、夫が定年退職の影響により収入がなくなったり、若しくは別れる事によって、年金や財産などを確実に分ける事が出来るのならば、自分の事をいつも馬鹿にして来る夫と、無理して共に過ごして行く必要などありません。

・夫が寝た切りになる事で、介護を強引にやらせるつもりだった

熟年離婚の中で夫からの相談が特に多いのは、『親の身体が不自由になった事から、身の回りの世話を妻に担当してもらう予定だったのに、別れ話を告げられてしまい弱っている』と言う例もあるそうです。

介護に関する問題とは、現在の日本は高齢化社会である為、全く理解出来ない訳ではないのですが、顔を会わせる度に毎回馬鹿にされてしまえば、どんなに気が長い女性でも嫌気が差してしまうものです。

従って離婚を一方的に伝えられるのは、致し方がない事だと言えます。

毎朝対面する時や或いは食事を一緒に摂る際でも、常に見下された態度により馬鹿にされ続けた上、夫の親の面倒までほぼ強制的に求められる訳ですから、離婚の話が出て来ても一切不思議ではありません。

 

明確な要因がないのに、別れ話を持ち掛ける夫は増加傾向にある

熟年離婚とは2014年に突入する事で、36,800件にも上りました。今から25年前と比べ7割も多くなってますが、最近ですと夫が妻を捨てるパターンが圧倒的に増えています。

一般的な熟年離婚の印象には、夫が定年となり、その事を待っていた妻が別れ話を切り出し、何とか成立させ第2の人生を思うがままに楽しんで行く、 妻の姿が見えます。

独りでの生活になった夫は、薄汚れた家の中で、カップラーメンやコンビニ弁当などを寂しく食べる姿が思い浮かびます。しかし上記の離婚成立後の構図とは、全く反対になりつつあります。

夫が妻と別れる原因は、他に付き合っている女性が現れたのではなく、離婚に繋がるような大きな一因がないのに、飽きてしまった理由から、ただ単に別れてしまう場合が多くなっています。

 

終わりに

熟年離婚が終わった以降には、家事をやるのが好きな男性であれば、まず大丈夫でしょう。近頃だとコンビニのおかずに様々なタイプの商品が沢山販売されているので、妻がいなくてもそんなに困りません。

但しこれは都会に限った話であり、田舎の地域だと、コンビニや弁当屋があまり建てられてのが現状です。

女性のケースですと、男性と比較して現実重視を基本とした、ライフプランを立てる能力に優れている為、まさかの別れを考慮しておき、前以て財貨を蓄えておく事を強くお勧めします。

ここでは主に熟年離婚を切り出される配偶者の特徴について、分かりやすく解説して来ましたが、参考になったでしょうか?前述に書き記した知識などを覚えておいても、絶対損などしないので是非覚えておいて下さい。

 

[s_ad]

恋愛ブログ村へ

応援プッシュお願いします★
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ライン友達募集中

気軽に追加ください:https://line.me/R/ti/p/%40sob2541l