性生活で若返る?火照ったカラダをもてあますアラフォー、アラフィフ女性のカラダ事情。

アラフォー/アラフィフ出産ありということは・・・・・・!

巷では若者の結婚率も出産率も低下の一途とか。永田町のおじさんたちがあたふた論じてます。産めよ増やせよって。私たちはお国のために子供を作るんじゃありません。

年金を支える働き蜂を増殖させる目論見だから産んでさよなら日本を離れる海外移住が増えてるんです。それ以前に働き蜂よりどこかから飛んできた風来坊に未来の夢を託してそのまま外国に行ってしまう女子も増えつつあるでしょう。

そりゃそうだ、日本国にも日本男子にも惹きつけられるものがなくなっている。働き蜂たちが育つ過程で果たして人の愛し方を会得しているだろうか。

彼らは確かにめでたく学業と仕事の成功を収めているけれど、人として究極の思いやりである愛するパワーが育っているのだろうか。

アクションに連動させるに足る強い向こう見ずのラブパワーがあるだろうか。蚊帳の外でぼやく熟年女性の戯言かもしれませぬ。

ハリウッドスターがカッコいい、外タレがカッコいいと憧れるだけで終わらない時代となりました。彼氏にするならああいう輝きを持った人。

もはやアイドルも結婚相手もターゲット市場はインターナショナルなのです。結婚市場もそれだけ倍率が上昇しているということです。

そんなこんなで別段結婚したいと思うような相手と出会わず大卒で就職、海外脱出の野望もなく、目の前の仕事をこなせば報酬が入って生活が潤う循環に不自由なし。

仕事あっての生活が安定軌道に乗ったアラフォー、気付いたら独身街道まっしぐらです。家事を強いられることなく時間の束縛もなくお金も自由に使えます。

彼氏の存在はたまのデート相手で足ります。仕事をしている自分にとって恋愛にそこまでのめり込んでしまうのは今の生活を維持するのにマイナスです。

適度に付き合えば満たされます。深くは求めず。ところがこの均衡を崩す相手に押しの一手で結婚を望まれ、そして許した途端に妊娠してしまった。これがアラフォー出産、しかも初産です。

子供なしシングルライフの予定が期せずしてヤンママどうぞよろしくこちらも同じくゼロからの子育てに仲間入りすることになるのです。

あるいは20代前半で子供3人産んで家事育児に協力的、仕事も順調なマイホームパパと愛し合う夫婦関係が持続するアラフォーママが40半ばにして4人目出産というのもあります。

完全にできちゃった妊娠。普段から主婦会話で「妊娠したかと思って焦ったー」を聞いてますから、愛し合う夫婦は旦那の毛が薄くなって腹が出てきても互いに白髪が増えてても相変わらずやってるということ。

(昨晩したの)(私たちずっと続いているの)これがアラフォー/アラフィフ性白書、そういうものらしいです。
バツイチで肩ひじ張って生きてきたアラフォーが交際宣言したと思ったら間もなく妊娠というのもよくある話です。

アラフォー/アラフィフ恋愛は体の関係が早いでしょう。愛を確かめる手段もステップも分かっていますから。しかし熟年女ともだちは先にアドバイスしています。

子供は待て!と。追う勢いの男が安住を求めている打算を警告します。人を愛するでなく結婚の形態を手に入れようとする男との失敗を幾つも見てきているからです。

妊娠でつなぎ留められないよう気をつけなさいと。しかし一度体ごと愛されたアラフォー/アラフィフは2度3度失敗していてもやはり盲目になってます。

この症状って・・・・・・!

朝目覚めると背骨が痛い、胃がむかむかする、乳房が張る。大抵のことは、市販の風邪薬か鎮痛剤で済ませてしまいますが、症状が数日間続くとか、周期的に繰り返すとき、とりあえずインターネットで調べてみます。

すると、どれもこれも妊娠症状としか扱われないのです。そうです。アラフォーという年代は、確かに妊娠あり更年期ありの個人差ありありの混在期間です。

そしてインターネットは圧倒的に妊娠症状と答えてきました。もちろん検索ワードにしっかり「アラフォー」と打ち込んでもです。

そもそも高齢や老齢者の体力に個人差があるように、更年期というのも期間から症状から個人差がありすぎて、熟年女ともだちから聞くことはあっても、あちらかこちらかどちらがそうだか例外だらけです。

自分も例外のような妊娠症状を相談したところで同時に性生活まで言及されますから、言うだけ面倒。よってネット情報に頼るのですが該当記事は見つからず、結局無難そうな飲んでみようかなくらいのサプリメントに手を出します。

ふてぶてしい自信に比例する肌露出

男に愛されているアラフォー/アラフィフは総じて肌の露出度が高いです。ブラなんてしない人もいます。大きく背中の空いたホルダーネック、華奢な肩紐のキャミソール、胸の切込みが深いワンピース、お尻カバー無しのレギンス。

体の線を強調あるいは肌を見せるボディコン路線です。体に自信のない女が布で肌を覆うのと正反対です。愛されている自信だけでなく、既婚でもシングルでも女としての主張そして男へのアピールに変わりないでしょう。

肉のつながりを求める熟女は自らのはじける肉体を目に焼き付けようと必ず肌を見せています。愛をつなぎ留めておくための努力でしょう。

ずっと愛され続けるために、ずっとみずみずしい肌を見せ続けるために枯れないアラフォー/アラフィフは実際努力しているのです。

スポーツジムで体型を維持し、エステで肌の艶出しをしてます。男に愛され続ける熟女はズバリいい体してます。顔はおまけでよいくらいです。

日本はコンサバの国ですが見てください、海外の熟年カップルを。愛し愛され幸せなカップル30-40-50代、熟女たちはもれなく夏になると肌見せファッションで外に出ます。愛されている自信と愛されたいアピールが肌露出に比例していますから。

干からびるか潤うかのセルフコントロール

かくしてアラフォー/アラフィフがいつまで現役で恋愛するのかできるのか、ざっと見てきました。結論は自分自身です。生涯シングルの生活力をつけても思いがけず恋愛して出産する熟年もいます。

しかしたとえ予定外の出産にしてもそもそもの恋愛に火をつけたのは自分自身です。それまで通り情を残さない軽い恋愛心で留めておくこともできたのに、深入りを許したのは自分です。

それは今はこうして軽い恋愛ごっこを楽しむ自分がいずれ彼らに相手にしてもらえなくなる時がくるだろう不安を覚えたから。生活の不安でなく、生活から愛がなくなる不安。犬や猫を飼っても抱いてもらえない寂しい老後がちらついたからです。

性生活が続く熟年は表情も体もいきいきしています。医学的に脳からホルモンが出て体の新陳代謝も活発になり若返るそうです。潤いたければ恋愛すればいいし、恋愛し続ければずっと潤っているでしょう。

快楽に生きる熟女たちは潤った自分、幸せな自分に陶酔しています。思いのまま欲しいものだけを手に入れようとします。愛されている自信は熟女をどこまでも傲慢にします。

対照的に、修道女たち、いえ恋愛を引退した熟女が健康食やサプリを常用し、日焼けや乾燥対策で肌を覆いクリームを塗りたくり、早朝散歩と早寝の生活をして健康な体を維持しますが、さてそこに幸せや愛を感じる心は健在でしょうか。

愛に溺れる、愛に翻弄される人間らしさが煩わしくなった熟女は雑念を払うように仕事に没頭します。その報酬で高価なオイル化粧品、オイルサプリメントを購入して自分に投資します。自分で自分に潤いを与えるのが一番堅実だから。手入れさえしていれば、いつでも現役復帰できる可能性を残すために!

 

[s_ad]

恋愛ブログ村へ

応援プッシュお願いします★
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ライン友達募集中

気軽に追加ください:https://line.me/R/ti/p/%40sob2541l