初めに

熟年層の離婚と言う問題が、表立って浮上してから随分と経ちます。それまで結構普通に生活して、子供も育って独立して後は自分たちの老後目指して一直線、と言ったところでいきなり離婚話が持ち上がる、他人ごとではないと思えますね。
まあ熟年と言っても、解釈によって熟年と呼ばれる年代は様々でしょうが、ここは中間点を取って50代を例に話を進めていきましょう。

50代の夫婦の代表的な様相

50代と言うと、早めの結婚でしかも子供も早く生まれた場合には、しかもその子供が早い結婚出産していれば、祖父祖母になっていてもおかしくない年代でもあります。

まだ「おじいちゃん」とか「おばあちゃん」と呼ばれるのには抵抗のある年代ですが、その範疇に入っている人もいないとは言えません。

仕事に置いては、定年までまだ間があるもののすでに出世した人の背中を見つつ定年待ちなのか、それともある程度の地位を得て定年はまだ先のことになると希望を持っているか、結構はっきりと明暗分かれている年代とも言えるでしょう。

また妻の方も、専業主婦なら子供は遅い出産の子供でもそこそこ育ち上がっているはずです。兼業主婦の場合は、これまた仕事で地位を得ているかそれとも適度に退職の機会をうかがっているか、そんな年代でしょう。

家を購入したいと結婚当初から考えていた人の場合、それも手に入れてローン完済までもうちょっと、退職金で最後の一押しと言った希望を持っている方も少ない無いはずです。代表的な50代の夫婦の縮尺図と言うのは、こんな感じでしょうか。

50代で離婚話が出る理由

一時話題になりました、定年になって退職、会社で見送られて帰宅したら妻がにっこり笑って「お疲れ様でした」と言いつつ出して来たのは、離婚届だったと言う話があります。

そこまで耐えてきたあれこれが噴出して、そこまでしっかり者でしかも控えめだった妻が夫側から見てはいきなり、妻側からすればここを先途とばかりの乾坤一擲勝負、退職金を慰謝料にして離婚しますと言うお話です。

まあこれが話題になった時点では、古いタイプの夫婦に多かった、亭主関白内助の功の不満が一気に噴き出して、と言われています。

しかし50代の場合は、これとはちょっと一線を画します。言いたいことはまだ言い合える年代ですし、勿論古いタイプの大人しい奥さんが噴火してと言う事も無いではないでしょうが、これは稀なことです。

では何故と言えば、50代と言うのは夫婦生活にしろ自分の生き方にしろ、まだ何とか立て直せる世代のギリギリの年代だと言う事です。

60代に入って定年が視野に入ってくると、まあその先の生活についてはよほど活動的な人でない限り、一旦そこで「働く自分」と別れることが出来ます。

その後遊民になるか濡れ落ち葉になるか、それとも心機一転するかはその人次第でしょう。離婚もつい面倒に、と言う事にもなります。

しかし50代の夫婦の場合、まだ人生のリセットが出来る年代でもあるのです。突き詰めて言えば、リセットの出来る最後の年代であるとも言えるのです。

それに気が付いた時、ここまでの生活を不満に思ったどちらかが、離婚届を取りに役所に走ることになるのです。

50代の離婚は夫婦にとってメリットはあるか

妻からの離婚話でも、夫からの離婚話でも、どちらにせよこの年代の場合先に書きましたように、ここを最後にと自分自身の立て直しが理由でと言う事が多くまります。

特に専業主婦の場合、「XXちゃんのママ」「OOさんの奥さん」と呼ばれる、個人では無く誰かの付属物として呼ばれることから、脱出を目指す最後の機会でもあると言う事です。

50代ならまだ、就職することも出来ますし体力気力も充分にありますので、それこそチャンスと言えるでしょう。
互いに仕事持ちの夫婦の場合、世間体が悪いのでと言う理由はもうあまり出ない時代になりました。

単に、名字が変わるのが面倒だ、家の名義をどうするか、慰謝料その他はどの程度、と言った事務的な処理で終わることもあります。

勿論離婚の理由が、どちらかの浮気とかもしくはDVだった場合は、もっと問題は複雑になってきますが、これらの場合も年代的に丁度やり直すには最後のチャンスであることに変わりはありません。

子供のいる場合、親権の問題も出てきますが、この世代の子供ならすでに自分の判断で動ける年代になっていますので、話し合いに加わることも可能です。

これらの面からももし、何かすでに夫婦生活に関して不満がある場合、この年代での離婚はそこそこ金銭面でも生活的にもまた心情的にも、ギリギリにはならずに済む年代でもあります。

軽くまとめ

50代での離婚と言うのは、結構中途半端感じのするものかもしれません。60代での定年などの節目の年代でもなく、30代のまだまだこれからの年代でもない、確かに微妙な年代の離婚です。

ただし優柔不断でずるずると結婚を続けてきた場合には、それこそ本当にこの年代がある意味「やり直す」と言う点に関して最後の年代でもあると言う事です。

熟年層の離婚と言うと、若い人からは笑われるかもしれませんが、50代の熟年層にとっては最後の自分の生活人生のやり直しのボーダーラインでもあるのです。

出来れば離婚はしないことに越したことは無いですし、この年代まで一緒に暮らしたわけですからこの先も、と思うのも良し。またここが最後の砦と、一念発起で離婚届を突きつけるも良し。熟年と言う名にかけて、最後の大きな賭けに出ることもまた必要なのかもしれません。

[s_ad]